幾つもの店舗のオーナーが頭を悩ますのは自分が居られない時間帯の各店舗、事務所等でのスタッフの勤務状態だと考えられます。そんな時、勤怠管理の一つの方法として監視カメラの設置を考える方が増えているようです。一昔前は監視カメラというのは、客の万引きや窃盗の監視や抑止効果を狙って設置することが多かったようですが、もちろんそうした目的での設置もありますが、勤怠管理の目的で設置し、その効果が評価されています。カメラが作動している、という心理効果は大きく、職務に前向きに取り込もうというスタッフの勤労意欲の向上にかなり大きく作用していると考えられています。従前から勤怠管理の難しさはオーナーの頭痛の種でしたが、こうした機器の開発普及によって簡便に行われるようになって来ており、その方法は様変わりを見せているようです。

勤怠管理をシステムで行うメリット

これまで勤怠管理はタイムカードを利用したアナログな方法が一般的となっていましたが、最近は専用のソフトを利用したシステムによる管理を利用する会社が増えてきています。その理由は、タイムカードを利用するアナログの方法と比べて勤怠管理にかける手間を大きく省けるというその便利さにあります。タイムカードの場合はエクセルなどに勤務時間を入力し集計しなければなりませんが、システムによる管理の場合は自動集計が可能なので、そうした集計に時間をかけることもありません。また、同じシステムでシフトの管理も可能なため、シフトを別で作成する手間も省けます。他にも、法律により定められている三年間のタイムカード保管義務も、データで保管するため保管場所も必要なければ、保管費用もかかりません。こうした手間を省けるという点から勤怠管理にシステムを利用する会社が増えてきています。

勤怠管理システムの徹底

様々な企業で勤怠管理システムが導入されています。正社員からアルバイトまで全ての従業員の勤務状況や給料計算をするにはシステムを導入した方が楽だからです。出勤時間や退勤時間さえ入力すれば休憩時間などの時間調整は勝手に行ってくれるシステムもあれば、申請をしたりチェックをしたりしないといけないシステムもあります。時々機会トラブルによりシステムが故障し、従業員の勤務時間が計算できなかったり、出勤や退勤時間がわからなくなってしまう事があります。そのため管理を徹底している会社はシステム管理とは別に紙ベースで出勤時間を記入する欄を設けている所もあります。徹底した管理を行うことで、残業代が支払われないトラブルを防いだり、サービス残業をする事がないように注意する事が出来ます。管理がきちんとしている会社こそ優良企業だと言えます。

大手と比べても遜色のない応募者を探せる媒体が「リクナビNEXT」です。 最安の広告ならA1サイズ1週間で19,000円からご用意しています。 新卒採用からアルバイト採用まで、多様な雇用形態で掲載出来ます。応募率や採用率でお悩みの方は一度ご相談ください。 広告出稿のご相談はメール、お電話共に24時間365日受付中です。 タウンワークの掲載ならヒューマンワークへ